前髪の切り方

2016.12.7

フラムリングス麻布の泉 洋二です。

今日はよくある前髪を自分で切って失敗!についてアドバイスしたいと思います。

『前髪を切り過ぎてしまって、直してください!』

よくお客様からのSOSが届きます。

切った長さや、幅によりますが、切り過ぎた前髪を修正する方法は…




ありません(´;ω;`)


☆フラムリングス麻布では顧客の皆様に前髪カットが無料サービスを行っています。☆

たいへん好評をいただいているサービスなので、皆さんぜひご利用ください。


ここで大事なのが失敗しないように切るポイントです。

ポイント1
乾いた状態で切る

髪は水を吸うと1.2倍ほどまで長くなります。乾かして短い(´;ω;`)ってこと多いですよね。

ポイント2
下を向いて切らない。

真っ直ぐ向いて前髪を切ると、目に髪が入ってきます。目に入らなうように切ろうと下を向く。これ失敗の原因です。下を向いた状態で調度の長さに切ると、顔を上げたら、あら、びっくり!!すごく短くなります。

ポイント3
夜に切る

これは朝昼っていう問題ではないのですが、時間をかけてゆっくりと少しづづ切ってください。

ポイント4
まゆ毛用のハサミで切る

これ、めっちゃいいです。一気に切れないので切り過ぎない。ハサミが曲がってるので、いい感じにジグザグになる。

ポイント5
横の髪との境目をきっちり分ける

分け方がいいけげんだと、どんどん横に広がっていくので、しっかりと前髪の位置と横の髪の位置を確認する。


このポイントを守っていただければ、あなたもプロ級に前髪切れます(*´▽`*)


といっても自分で切るのは難しいものです。

やはり一番のオススメは美容院で切ってもらい事です。

前髪はヘアスタイルの命です。

なので命を粗末にしてはいけません。

ロングへの方が20センチ切っても気づかれないけど、前髪はちょっと切っただけで、周りの人は気づきます。一説によれば、前髪はヘアスタイルの80%を決めてしまうのだとか…

80%は言い過ぎかもしれませんが、かなりのウェイトを占めるので慎重に切っていただきたいですね。

12月もそろそろ中ごろに差し迫ってきました。

新しい年を迎えるにあたり、髪の毛を綺麗にしましょう。

年末限定のクーポンなどご用意して皆様のご来店を心よりお待ちしております。